スペアポケット | 困った時に役立つWebメディア

何か困った時に解決できる手段を提供できるブログにしていくために日々更新中。

loTがロットだと思ってたらアイオーティだった

スポンサードリンク

f:id:riiiiche:20160424215228j:image
 

最近よくネットニュースとか本屋とかで目にしていたloTという単語。皆さんも目にしたことはあるんじゃないでしょうか。

 
直感的にインターネットの技術系の話かと勝手に理解していて、読み方もloTと書いてロットと読むんだと思っていました。特に調べることもなく何度も目にしながら、本当はどういう意味なんだろう、何の略語なんだろうってすごく気になりながらも猛烈にスルーしてました。
 
さすがに調べようかなと思って「loT」と検索したところ衝撃の事実が判明しました。小文字のl(エル)だと思っていたのが実は大文字のI(アイ)でした。
 
 IOT
エルオーティー
ではなく
アイオーティー
 
 
全然読み方違う。。。人に知った気に話す前に調べてよかった。。。絶対ドヤ顔で人にロットっていうところだった。あぶねー笑
 
 

loT(アイオーティ)とは?

f:id:riiiiche:20160424213608p:image
 
IoTはInternet of Thingsの略語で直訳するとモノのインターネットって考えると理解しやすいです。パソコンとかスマホはネットワークにつないで使うものですが、この考え方だと今までネットワークに繋がっていなかったモノに対してネットワークを繋げるという考え方です。
 
例えば家のドアにつけて鍵をちゃんとかけたか管理できたり、猫の首輪につけて今どこにいるかがわかったり、コップに温度センサーつけて今火傷しない温度か確認出来たりっていうかなり便利なシステムです。ってこれであってるのかな?笑
 
簡単に言えばいろんなものをネットワークに繋げてもっと便利にしようというものみたいです。この考え方は前からあったみたいですが、最近注目され出しているようです。
 
確かにいろんなものがネットワークにつながれば便利にはなりそうですね。逆に困ることもありそうですが。
 
個人的には靴につけて毎日の移動距離や歩数、使った電車の履歴(会社の交通費の経費精算に使える)、体重の推移などが管理できるようになったりするとすごく嬉しいんだけどな。
 
気になったことはまず調べた方がいいなと思ったのでブログに書きました!皆さんも身近に気になった言葉があればすぐに調べましょうね!