スペアポケット | 困った時に役立つWebメディア

何か困った時に解決できる手段を提供できるブログにしていくために日々更新中。

思いやりとお節介の間の葛藤

スポンサードリンク

f:id:riiiiche:20160607233825j:image

今日帰りの電車で杖を持った若い女の人が立ってたんですね。満員じゃないにしても人の間を通るには難しいぐらいの混み具合で、僕はその人が立ってる隣の隣のくらいに座ってて。その人に席を譲ろうか葛藤しながらいたら終点についてしまったんです。
 
まぁ立つっていっても少しの時間なので逆に気を遣わせるかなとか、周りの人からなんだこいつ偽善者かよって思われるかなとか、なんかいろんな葛藤があったんです。
普通に譲ってありがとうございますって行為を受け取ってくれる人もいれば、快く思わない方もいるでしょうし。。。
 
自分が行った行為が受け手次第で思いやりに取られたり、お節介にとられたりするものなので個人的にはいつもこういうシーンで悩んじゃうんですよね。この機会に思いやりとお節介について少し考えてみたいと思います。
 

思いやりと受け取られるパターン

f:id:riiiiche:20160608020443j:image

今日のケースだと人が多い電車の中で立っておくのは疲れるし、揺れもあったりするとバランスを崩してしまう可能性もあります。なので座った方が安心だなぁと思っている場合だと、僕が椅子を譲ることは思いやりだと受け取ってくれるでしょう。

 

ありがとうございますってお礼を言われたりする為に席を譲っている訳ではありませんが、喜んでもらえるとお互いほっこりした気分になりますよね(^ ^)

 

お節介だと受け取られるパターン

f:id:riiiiche:20160608020458j:image

自分は身体的なハンデがあることを人から可哀想だと思って何か気を遣われることを嫌だと思っている場合だと、お節介だと受け取られてしまうでしょう。

 

えっあなた何?偽善者ですか?人に親切にしてる自分が好きなんでしょ?とか言われたらそうとうヘコみますね(´・_・`)そんなこと言う人はいないと思いますが笑

 

まとめ

f:id:riiiiche:20160608020509j:image

今日の僕は自分の中で葛藤の末、お節介と思われるリスクを恐れて行動に移す事が出来ませんでした。普段はやらない後悔よりやった後悔を心掛けていたりするので普通であれば断られてもいいので声をかけると思います。

 

しかし行為をされたことによるネガティブな可能性があることを考えてしまってはなかなかその一声が出なかったりするものです。

 

でも改めて考えてみると、高齢の方、怪我をしてる方も、妊婦の方、身体が不自由な方などきっと大変な思いをしている可能性も大いにあります。リスクばかりを考えていては困っている人を助けてあげることは出来ません。

 

なので次からは勇気を持って席を譲りたいと思います!それがもし親切の押し売りと思われてしまったらその時は謝ればいい!もし自分が怪我をしていて立っているのが辛くて席を譲ってくれる人がいたら純粋に嬉しいから。

 

最後にこれだけは言いたい

 f:id:riiiiche:20160608020521j:image

登山後の高齢者の方々が席を譲らない若者を悪く言うのはおかしい!

 

先日営業の移動中に乗っていた電車でこのような事があったのですが、なんかそれは違うなとすごく感じたので最後に言わせて頂きました笑

山登りする元気がある方は立ちましょう!