スペアポケット | 困った時に役立つWebメディア

何か困った時に解決できる手段を提供できるブログにしていくために日々更新中。

【Twitter】電話番号やメールアドレスからアカウントがバレないようにする設定方法

スポンサードリンク

f:id:riiiiche:20170220011203j:plain

Twitterのアカウントをいくつか持っていたり、個人を特定されないように使っている人はTwitterの使い方からしても少なくないであると思います。

 

Twitterにはメールアドレスや電話番号からアカウントを検索する機能がついています。もしかすると連絡先を知っている家族や友達、会社の同僚、取引先の人など知人に自分のツイートが見られているという可能性があるということです。

 

Facebookで使っていないアカウントがあるのですが、普段使っていないメールアドレスにも関わらずやたら会社の人がレコメンドされてくるので何かあった時のためにTwitterのアカウントを検索されないようにしておきたいと思うようになり。。。

 

なので今回はTwitterのアカウントをメールアドレスや電話番号から検索できないようにする方法を紹介したいと思います。

 

PCから設定する場合

f:id:riiiiche:20170220013022p:plain

Twitterにログイン後、ツイートボタンの横にあるアイコンをクリックして設定をクリック。

 

f:id:riiiiche:20170220013328p:plain

設定画面に遷移した後、ユーザー情報の中にあるプライバシーとセキュリティのボタンをクリックしここから設定することができます。

 

f:id:riiiiche:20170220013809p:plain

見つけやすさという項目のところに「メールアドレスの照合と通知を許可する」と「電話番号の照合と通知を許可する」という項目があるのでチェックボックスからチェックを削除し変更を保存すれば完了です。

 

初期設定ではここのチェックは入っていないようですが、心配な方は確認してみる方が良いでしょう。

 

スマホ(標準アプリ)から設定する場合

                                      f:id:riiiiche:20170222024754j:image

 

まずはプロフィールページの歯車のアイコンをタップし、出て来たメニューの一番上にある設定ボタンをクリックします。

 

           f:id:riiiiche:20170222024801j:image

 

次にプライバシーとセキュリティのページへ進みます。

 

           f:id:riiiiche:20170222024807j:image 

 

「メールアドレスの照合と通知を許可する」と「電話番号の照合と通知を許可する」のボタンをオフに設定。これで設定は完了です!

 

今回はiPhoneでの紹介だったのでもしかしたらAndroidは少し違ったりするかもしれません。 

ともあれこれでメールアドレスや電話番号からアカウントが見つけられて意図しない発言が見られてしまう心配もなく自由に発言することが出来ますね。

 

Twitterの良さの一つに匿名性も大きな要素だと思うので、アカウント管理はしっかりしながら利用を楽しみましょう!